【2020年版】PS4に最適なゲーミングスピーカーのおすすめ10選

ゲームを楽しむ上で、音質は以外に重要な要素です。

PS4の高音質を100%活かすためには、それに応じた高性能なスピーカーが必要。今回は、PS4に最適なスピーカーの価格の目安や選び方をご紹介します。

また、編集部で厳選したPS4に最適なスピーカーのおすすめ10選とその比較結果も紹介するので、ぜひPS4にピッタリなスピーカー選びにお役立てください。

この記事のみどころ
  • PS4に最適なスピーカーの価格相場を紹介
  • PS4に最適なスピーカーの選び方を解説
  • PS4に最適なスピーカー10選を比較

PS4に最適なスピーカーとは?

出典:Amazon

PS4に最適なスピーカーとは、その名の通りPS4に接続して使えるスピーカーです。一般的な名称でいうと、スピーカー内部にアンプが内蔵された「アクティブスピーカー」のことです。

アンプが内蔵されているので接続がシンプルで邪魔にならないことや、ゲームに適したチューニングでより世界観を楽しめるのがポイント。

さらにサラウンド対応のものなら、FPSなどのゲームで敵の方向や動きがわかりやすくなり、スコアの向上にも繋がります。もちろん、普通のスピーカーを使ってPS4をプレイすることも可能ですが、よりプレイ環境を充実させたい方はPS4に最適なのスピーカーを手に入れましょう。

PS4向けスピーカーの価格帯

PS4向けスピーカーの価格を表にまとめました。

価格帯特徴
〜3,000円最低限の音質
出力・機能も〇
3,000〜5,000円2〜2.1ch
1人プレイ向け
コスパモデル
5,000〜10,000円2〜2.1ch
1人プレイ向け
高音質モデル
10,000〜30,000円2.1ch
広い部屋/多人数プレイ向け
高音質
30,000円〜3.1ch〜
バーチャルサラウンド
4K/ハイレゾ対応

PS4向けスピーカーの価格は、高くなるほどチャンネル数(スピーカー・ウーファーの数)が増え、音質や出力が高くなります。

1人プレイなら10,000円程度の価格でほとんどの方が満足できると思いますが、音質にこだわる方や広い部屋で使う方には、30,000円前後のハイエンドモデルがおすすめです。

予算別に選ぶ場合の目安をまとめると・・・

CHECK
  • 〜3,000円:とにかく音が出ればいい方
  • 3,000〜5,000円:あまりこだわりのない方・初心者
  • 5,000〜10,000円:一人用で音質にこだわりたい方
  • 10,000〜30,000円:広い部屋・多人数で使う方
  • 30,000円〜:広い部屋で使う方・音質にこだわる方

PS4向けスピーカーを予算で選ぶ場合、ある程度品質の良いものを購入したいなら3,000〜5,000円ほどが予算の目安になります。

この価格帯から、音質へのこだわりや使う部屋の広さによって、予算が上がっていくイメージです。

PS4に最適なスピーカーの選び方

PS4向けスピーカーの選び方を解説します。

  • HDMIか光デジタル接続を選ぶ
  • より没入感を味わうならサラウンド対応選ぶ
  • PS4の用途に合わせて選ぶ
  • PS4Proなら4K対応を選ぶ

HDMIか光デジタル接続を選ぶ

PS4・PS4Proは、Bluetooth非対応です。スピーカーを無線使用したい場合は、送信機が必要となります。そのため、接続方法はHDMIか光デジタルのどちらかを選びましょう。

おすすめはHDMI

HDMIか光デジタル接続を選ぶ

PS4向けスピーカーの接続方法は、HDMIがおすすめです。

なぜなら、HDMIはDolbyTrueHD、dts-HD MasterAudioなどの高品位サラウンド規格に対応していて、光デジタルより高音質が楽しめるためです。

光デジタルでも音声の再生自体は可能ですが、出力は16bit/48kHzまでとなっていて、ハイレゾには非対応です。

HDMIは、映像と音声両方を送信できるケーブルですが、音声分離器(分配器)を使うことにより、スピーカーに音声・テレビに映像のみを送ることができます。

Bluetoothは送信機が必要

Bluetoothは送信機が必要

PS4とスピーカーを無線接続することは、完全に不可能というわけではありません。

しかし、PS4本体はBluetoothの送信に対応していないため、別途送信機を用意する必要があります。

そのため、基本的には有線接続がおすすめですが、置き場所の都合などで無線接続のスピーカーを使う場合には、合わせてUSB型のBluetooth送信機を用意しましょう。

より没入感を味わうならサラウンド対応を選ぶ

より没入感を味わうならサラウンド対応を選ぶ

サラウンド対応のスピーカーなら、自分を取り囲むように音が鳴り、より没入感を味わうことができます。

低価格帯のスピーカーは2.1chや3.1chのものが多く、音の左右や重低音の響きを感じられます。

敵の方向や距離を素早く察知することが重要になるFPSゲームには、5.1ch以上の前後左右に取り付けるスピーカーがおすすめです。ただし、チャンネル数が多くなるほど置き場所を選ぶため、購入前に設置方法を確認しておきましょう。

サブウーファーの有無で選ぶ

サブウーファーの有無で選ぶ

サブウーファーとは、音域の中で重低音の響きを強調するパーツです。サブウーファーがあると、地響きや爆撃音などがよりリアルに感じられ、ゲームの中に入り込んだような臨場感が味わえます。

ただし、響きすぎると家族や近隣の迷惑となることもあるため、使用環境に合わせて有無を選びましょう。

PS4の用途に合わせて選ぶ

PS4の使用用途によっても、最適なスピーカーは異なります。

FPSならゲームモード付き

ゲーミングならゲームモード付き

PS4とスピーカーをゲーム目的のみに使うなら、ゲームモード付きのスピーカーがおすすめ。

ゲームモードとは、音の方向や距離、効果音などが聞き取りやすい、ゲーム用チューニングのことです。自分で一つ一つの設定を行う必要がなく、瞬時にゲームに最適なモードに切り替えられるのが魅力となっています。

映画鑑賞ならホームシアタータイプ

映画鑑賞ならホームシアタータイプ

ホームシアタータイプとは、前方だけではなく左右や後方にもスピーカーを取り付ける、サラウンドスピーカーのこと。

映像に入り込んだような臨場感が楽しめるため、映画鑑賞にぴったりです。PS4を使ってDVDを再生したり、Netflixなどで映画を楽しむ人には、こちらのタイプがおすすめです。

PS4Proなら4K対応を選ぶ

PS4Proなら4K対応を選ぶ

PS4Proや4K対応テレビ・モニターと一緒に使うなら、スピーカーも4K対応のHDMIが使えるものを選びましょう。

4K映像を再生するとき、端子が4Kに対応していないとテレビやモニターに映像を映せなくなってしまいます。

PS4向けスピーカーのおすすめメーカー

PS4向けスピーカーのおすすめメーカーを解説します。

  • SONY
  • YAMAHA
  • Razer

SONY

SONY

出典:Amazon

SONYは、日本を代表する電子機器メーカー。

PS4の発売元でもあるので、PS4本体に適したスピーカーも多く取り扱っているのが特徴です。特に人気なのがサウンドバータイプの商品で、コンパクトながらゲームモードにも対応した迫力の音声が楽しめます。

また、低出力でもサラウンド機能を楽しむことができる「サウンドオプティマイザー」という技術があるため、マンションにお住まいの方や、深夜にゲームをしたい方におすすめです。

YAMAHA

出典:Amazon

YAMAHAは、日本の音響機器メーカーです。

楽器製造の技術を応用しているため、音の再現性が高く、臨場感を楽しめるのがYAMAHAのスピーカーの特徴です。コンパクトなバータイプからホームシアタータイプまでラインナップが幅広く、選択肢が豊富なのも魅力。

ゲームだけではなく、音楽鑑賞や映画鑑賞など、汎用性の高いスピーカーが欲しい方におすすめです。

Razer

Razer

出典:Amazon

Razerは、アメリカ・カリフォルニア州に本部を置くゲーミングデバイスメーカー。ゲーミングデバイスの専門メーカーなので、索敵のしやすさや爆発音の迫力など、ゲームに特化したチューニングが得意なことが特徴です。

多数のゲーミングスピーカーをラインナップしていますが、特に「Leviathan」 「Nommo Chroma」といったモデルが人気となっています。

ゲーミングに特化した機能や、デザイン性にこだわりたい方におすすめです。

PS4に最適なスピーカーのおすすめ10選

SONY サウンドバー HT-Z9F

SONY サウンドバー HT-Z9F

出典:Amazon

価格:75,618円

  • 4K・ハイレゾ対応
  • ゲームモード含む6つのモード
  • 400Wの高出力

SONY サウンドバー HT-Z9Fは、4K・ハイレゾ対応、400Wの高出力を備えたかなりハイエンドなスピーカーです。

ゲームモードを含め、シネマ、ミュージックなど6つのモードを搭載し、リモコンでワンタッチ切り替えが可能。

また、「S-Force Pro Front Surround」という独自機能により、前方のサウンドバーのみでも立体音響を再現。シチュエーションや置き場所を問わず、どんな時でも臨場感のあるサウンドを楽しめます。

SONY サウンドバー HT-Z9Fの詳細情報

接続HDMI
サラウンド3.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K対応
サイズ9.9 x 100 x 6.4 cm
ワット数400W
重量11.2kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

SONY サウンドバー HT-X8500

SONY サウンドバー HT-X8500

出典:Amazon

価格:37,617円

  • コンパクトなバータイプ
  • ゲームモード含め6つのモード
  • HDMI/Bluetooth接続が可能

SONY サウンドバー HT-X8500は、スリムなバータイプで置き場所を選ばず、インテリアにもしっくり馴染むのが魅力です。

HDMI・Bluetooth接続の両方が可能で、PS4以外にもスマホやPC、スマートテレビ等とスムーズに接続できます。モードはゲームモード含め6種類搭載されていて、どのモードでもキレのあるクリアな音質が人気となっています。

サブウーファーはありませんがウーファー内蔵なので、低音の響きに関しては「マンションなら十分」というレビューが多数。コンパクトかつ、音響にこだわりがある方も満足できるおすすめ商品です。

SONY サウンドバー HT-X8500の詳細情報

接続HDMI/Bluetooth
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K非対応
サイズ9.6 x 89 x 6.4 cm
ワット数160W
重量3.1kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

YAMAHA サウンドバー YAS-108

出典:Amazon

価格:17,198円

  • 4K対応
  • バーチャル3Dサラウンドシステム搭載
  • スタイリッシュなデザイン

YAMAHA サウンドバー YAS-108は、スピーカー自体は2箇所ですが、バーチャル3Dサラウンドシステム「DTS Virtual:X」を搭載していることが特徴です。

人の聴覚の特性を利用し、実際にスピーカーを設置することなくサラウンド感を得られるので、置き場所の都合でホームシアタータイプのスピーカーが設置できない方におすすめ。

また、有線・無線切り替えができたり、4K対応も可能など、20,000円以下の価格帯としtは性能が高く、コスパのいい商品と言えます。

YAMAHA サウンドバー YAS-108の詳細情報

接続HDM/Bluetooth
サラウンドバーチャルサラウンド
サブウーファー
ゲームモード
4K対応
サイズ13.1 x 89 x 5.3 cm
ワット数120W
重量3.2g

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Razer Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバー

Razer Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバー

出典:Amazon

価格:19,727円

  • サブウーファー付きで迫力の重低音
  • ゲーム・映画・音楽の3モード
  • 接続端子が豊富

Razer Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバーは、付属のサブウーファーで重低音の響きを強化しているのが特徴です。

レビューでも「重低音がすごい」「重低音にこだわる人におすすめ」という声が多くなっています。モードは、ゲームモードを含め3つ搭載されています。

光デジタル・3.5mmオーディオ・Bluetoothの3つの接続端子があるため、ゲームをしないときはスマホから音楽を流すなど、汎用性が高いことも魅力です。

Razer Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバーの詳細情報

接続光デジタル/3.5mmオーディオ/Bluetooth
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K非対応
サイズ7.7 x 50 x 7.2 cm
ワット数60W
重量6.54kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Razer Nommo Chroma

Razer Nommo Chroma

出典:Amazon

価格:20,586円

  • USB接続で汎用性が高い
  • 軽量・コンパクト
  • 音響・ゲインを自分で調整可能

Razer Nommo Chromaは、USB接続タイプのゲーム用スピーカー。

PS4での使用はもちろん、PCでも使いやすいので汎用性が高いのが魅力です。また、1つずつのスピーカーがコンパクトなので、狭いデスクに置きやすいのもポイント。

ゲームモードはありませんが音響・ゲインを自分で調整することができ、好みの音質に調整することができます。スピーカーの設置場所が限られている方に、おすすめの商品です。

Razer Nommo Chromaの詳細情報

接続USB
サラウンド2.0ch
サブウーファー
ゲームモード
4K非対応
サイズ14 x 17 x 22 cm
ワット数不明
重量2kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Logicool Z625

Logicool Z625

出典:Amazon

価格:19,745円

  • 迫力の重低音
  • 400Wの高出力
  • 多彩な入力端子

Logicool Z625は、サブウーファー付属で迫力の重低音が魅力のスピーカー。

レビューでも「別世界の低音」等と評価が高く、とにかく低音重視でスピーカーを選びたい方におすすめです。また、端子も光デジタル・3.5mmオーディオ・RCAの3種類があるので、PS4はもちろんPC、スマホ、テレビなどと接続して幅広い使い方ができます。

最大出力は400Wなので、かなり広い部屋でも使用可能です。

Logicool Z625の詳細情報

接続光デジタル/3.5mmオーディオ/RCA
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K非対応
サイズ43 x 33.5 x 32 cm
ワット数400W
重量9.93kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Panasonic SC-HTE200-K

出典:Amazon

価格:20,300円

  • 4K対応
  • 200Wの高出力
  • 耐荷重50kg

Panasonic SC-HTE200-Kは、20,000円台の価格で購入できる4K対応スピーカー。HDMI・光デジタル・Bluetooth接続に対応しているので、PS4に限らず幅広い使い方ができます。

出力も200Wあるので、リビングなど広い部屋でも問題なく使えます。
さらに、耐荷重50kgなので、上にゲーム機やテレビを直接置いて使うことも可能。

用途が幅広く、様々なシチュエーションで活躍するおすすめ商品です。

Panasonic SC-HTE200-Kの詳細情報

接続HDMI/光デジタル/Bluetooth
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K対応
サイズ36.49 x 59.99 x 6.29 cm
ワット数200W
重量5.9kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

BOSE TV Speaker

BOSE TV Speaker

出典:Amazon

価格:33,000円

  • 人の声がよく聞こえる音質
  • オーディオファンから高評価
  • 多彩な接続端子

BOSE TV Speakerは、商品名の通りTV音声に特化したスピーカーです。
人物の話し声が強調されるようなチューニングなので、FPSなど効果音をよく聞きたいゲームより、キャラクターの声やセリフを重視したいRPGやシミュレーションゲームに適しています。

BOSEはオーディオファンから高い支持を得ているメーカーなので、レビューも音質にこだわる方からの声が多く、概ね高評価となっています。テレビをよく見る方、ゲーム内の「声」を重視したい方におすすめの商品です。

BOSE TV Speakerの詳細情報

接続HDMI/光デジタル/Bluetooth
サラウンド不明
サブウーファー
ゲームモード
4K非対応
サイズ59.4 x 10.2 x 5.6 cm
ワット数不明
重量3.4kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

JBL CINEMA SB450

JBL CINEMA SB450

出典:Amazon

価格:41,580円

  • 4K Ultra-HD対応
  • 「HARMAN Display Surround」モード搭載
  • お手持ちのリモコンで操作可能

JBL CINEMA SB450は、ゲームモードこそないものの、4K対応・サラウンドシステム・最大出力440Wと、もっと高価格帯のスピーカーにも負けない性能を備えたスピーカーです。

特にJBL独自の「HARMAN Display Surround」モードは、バーチャルサラウンドで包み込まれるような音響が実感でき、レビューでも「まるで映画館のよう」と高評価です。

また、付属のリモコンだけではなく、お手持ちのリモコンで操作できる「リモコン学習機能」もとても便利です。

JBL CINEMA SB450の詳細情報

接続HDMI/光デジタル/Bluetooth
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K対応
サイズ7.6 x 110 x 9.7 cm
ワット数440W
重量17.5g

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

Pioneer HTP-CS1

Pioneer HTP-CS1

出典:Amazon

価格:43,000円

  • バランスのいいチューニング
  • ゲームモード含む3つのモード搭載
  • インテリアに溶け込むデザイン

Pioneer HTP-CS1は、低音域から高音域までバランスのいいチューニングにこだわっていることが特徴。爆発音やセリフなど、タイプの違う音も鮮明かつバランスよく聞こえるように徹底されています。

また、ゲーム・映画・ミュージックの3つのモードが搭載では、各コンテンツに合わせてさらに繊細なチューニングがしてあります。

音響の快適性にこだわりたい方におすすめの商品です。

Pioneer HTP-CS1の詳細情報

接続HDM/Bluetooth
サラウンド2.1ch
サブウーファー
ゲームモード
4K対応
サイズ44 x 36 x 19 cm
ワット数80W
重量8.3kg

Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

PS4に最適なスピーカーの比較一覧表

No12345678910
商品画像
商品名SONY
サウンドバー
HT-Z9F
SONY
サウンドバー
HT-X8500
YAMAHA
サウンドバー
YAS-108
Razer
Leviathan サブウーハー付
デジタルサウンドバー
Razer
Nommo Chroma
Logicool
Z625
Panasonic
SC-HTE200-K
BOSE
TV Speaker
JBL
CINEMA SB450
Pioneer
HTP-CS1
メーカーSONYSONYYAMAHARazerRazerLogicoolPanasonicBOSEJBLPioneer
特徴4K・ハイレゾ対応
6種類のモード搭載
有線・無線切り替え可能
コンパクトなバータイプ
バーチャルサラウンド
コスパがいい
重低音重視
豊富な接続端子
USB接続
軽量・コンパクト
重低音重視
豊富な接続端子
用途が幅広い
耐荷重50kg
声が聞き取りやすい
多彩な接続端子
バーチャルサラウンド
4K対応
バランスのいいチューニング
コンパクトデザイン
接続HDMIHDMI/BluetoothHDM/BluetoothI光デジタル
3.5mmオーディオ
Bluetooth
USB光デジタル
3.5mmオーディオ
RCA
HDMI
光デジタル光デジタル
Bluetooth
HDMI
光デジタル
Bluetooth
HDMI
光デジタル
Bluetooth
HDMI
Bluetooth
サラウンド3.1ch2.1chバーチャルサラウンド2.1ch2.0ch2.1ch2.1ch不明2.1ch2.1ch
ゲームモード
4K対応非対応対応非対応非対応非対応対応非対応対応対応
サイズ9.9 x 100 x 6.4 cm9.6 x 89 x 6.4 cm13.1 x 89 x 5.3 cm7.7 x 50 x 7.2 cm14 x 17 x 22 cm43 x 33.5 x 32 cm36.49 x 59.99 x 6.29 cm59.4 x 10.2 x 5.6 cm7.6 x 110 x 9.7 cm44 x 36 x 19 cm
ワット数400W160W120W60W不明400W200W不明440W80W
重量11.2kg3.1kg3.2kg6.54kg2.0kg9.93kg5.9kg3.4kg17.5kg8.3kg
商品リンクAmazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

まとめ

PS4向けスピーカーは、接続方法によっては使えなかったり、追加の機器が必要な場合もあるため、まずは接続方法を基準に選びましょう。
また、価格や音質はかなり幅広いので、レビューなどを参考に自分に最適なものを見極める必要があります。

今回ご紹介したおすすめ商品の中から、ぜひお気に入りのPS4向けスピーカーを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です