【2020年厳選】FPS向けキーボード10選|誰よりも素早い入力

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイト

素早くかつ正確な動きが求められるfpsでは、マウスだけでなくキーボードによる操作も的確に行う必要があります。

fps向きキーボードは、通常のキーボードと比べてfpsのプレイ独特の入力にも適した作りのゲーミングキーボードなので、fpsのプレイングをより有利に進めてくれます。

fps向きキーボードは形状も機能も多様なため、選び方を知った上で購入する方が最適なキーボードを選べます。

様々なゲーミングキーボードからfps向きキーボードをどう選ぶべきなのか、実際の製品も紹介しながら説明します。

この記事のみどころ
  • fps向きキーボードの特性や種類
  • fps向きキーボードの選び方を知る
  • おすすめのfps向きキーボード10選

fps向きキーボードとは?

fps向きキーボードは、複数のコマンドを同時かつ素早く行うfpsのプレイにも応えられる、性能の高いキーボードです。

ゲーミングキーボードは、通常のキーボードに比べて同時にキーを押す操作に適した仕様になっている、また耐久性が高いため連続して打鍵するような動きにも耐えられるといった特徴があります。

また、fpsで使用するキーは限られていることもあり、使用するキーに絞った独特の形状のfps向きキーボードも存在します。

fps向きキーボードの価格帯

fps向きキーボードの価格を表にまとめました。

価格帯特徴
~3,000円使い勝手の良い片手用
3,001~6,000円Nキーロールオーバー対応
6,001~11,000円操作音の少ない静音タイプ
11,001~15,000円テンキーレスでゲームプレイに特化
15,001円~キータッチがスムーズになる
4K・薄型モデル

fps向きキーボードは、片手用の低価格なキーボードも含めると3,000円以下から15,000円超えまで、求める内容によって価格が大きく異なります。

fps向きキーボードは価格が上がるにつれてゲームを集中してスムーズに操作できるような機能や性能が加わります。

予算別に選ぶ場合の目安をまとめると・・・

CHECK
  • ~3,000円:片手用キーボード
  • 3,001~6,000円:多様な入力に対応出来るキーボード
  • 6,001~11,000円:静かにプレイできるキーボード
  • 11,001~15,000円:ゲームプレイに特化したキーボード
  • 15,001円~:滑らかに操作できるキーボード
fps向きキーボードは、キーボードでどの程度の操作を行うのかによって求める機能と機能に伴う価格が変動します。

使うキーが多く、滑らかに入力できるゲーミングキーボードを求めるなら高価格帯の製品を検討することをおすすめします。

fps向きキーボードの選び方

fps向きキーボードの選び方を解説します。

  • キーボードの方式で選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 慣れているキーボードを選ぶ
  • キーの耐久性で選ぶ

キーボードの方式で選ぶ

キーボードは、ゲーミングキーボードに多いメカニカル式、耐久性が非常に高い静電容量無接点方式など様々なタイプがあります。各方式の特徴を踏まえておくと、スムーズにfps向きキーボードを選べます。

様々な種類があるメカニカルキーボード

メカニカルキーボードは、各キーが独立した作りになっているキーボードです。メカニカルキーボードは、繰り返しの使用にも対応した耐久性の高さに加え、キーごとに修理ができることから、打鍵数が多く特定のキーを集中して使う傾向のあるfps向きキーボードにも選ばれています。

  • 打鍵音が大きく押しがいがある青軸:青軸のメカニカルキーボードは、打鍵感も打鍵音もはっきりしており、確実に押している感触を得たい人に向いています。青軸のメカニカルキーボードはメカニカルキーボードの中では比較的低価格なので、プレイを快適にするfps向きキーボードとして購入しやすい点も魅力です。
  • 疲れにくい赤軸:赤軸のメカニカルキーボードは、滑らかな打鍵感が特徴です。fps向きキーボードとして選ぶとすれば、一つ一つの操作よりも全体の動きの滑らかさを重視したい人に向いています。打鍵にかかる力が少ない赤軸のメカニカルキーボードは、長時間使用していても疲れにくいため何ゲームも続けてプレイする人にもおすすめです。
  • 程よいクリック感の茶軸:茶軸のメカニカルキーボードは、上記の青軸と赤軸の間にあたる使用感が特徴です。fps向きキーボードを初めて購入するので性能や特徴に偏りのないタイプを選びたい人に向いています。茶軸のキーボードは普段使用しているキーボードとの操作感の差が小さいため、慣れるまでの時間も少なく済みます。
  • 静音でしっかりしたクリック感の黒軸:黒軸のメカニカルキーボードは、打鍵の感覚はしっかりしているものの、音は青軸ほど大きくなく静かに操作ができるタイプです。fps向きキーボードとして、操作感を楽しみたいけれど集中もしたいので音は抑えたい人に向いています。どのキーを押しているのか意識できる方が良いなら黒軸をおすすめします。
  • スピードの速さを追求した銀軸:銀軸のメカニカルキーボードは、いくつものキーを素早く押せるのが特徴です。浅く押してもキーが反応しやすい作りになっているため、1つのキーを押す時間をできるだけ短縮したい人に向いています。銀軸は、スピード感のある操作をしたいfpsプレイヤーから、fps向きキーボードとして選ばれています。
  • できるだけ静音に特化したピンク軸:ピンク軸のメカニカルキーボードは、音を抑えることに特化しているタイプです。fps向きキーボードとしては、打鍵音が無い方が集中しやすいプレイヤーから好まれています。ゲームをプレイしながら通信や通話をする場合は、ゲーム以外の音が聞こえづらいピンク軸をおすすめします。

半永久的に使える静電容量無接点方式

静電容量無接点方式のキーボードは、物理的に電極を接触させることなくキーを押したと認識させることができます。

静電容量無接点方式は電極同士の接触が無いため摩耗によって部品が消耗することがほぼなく、耐久性が非常に高くなっています。

キーを押す回数が他のゲームよりも多いfps向きキーボードとしても、半永久的に使える高耐久性を期待して導入されています。

安価で購入できるメンブレン式

通常の文字入力などに使用するキーボードはメンブレン式と呼ばれ、キーを押すと下にあるシートに入力を伝えることで操作内容を認識しています。

メンブレン式のキーボードは低価格ではあるものの、複数キーを同時に押す操作には対応しておらず、fpsの操作には向いていません。fps向きキーボードを導入するなら、メンブレン式以外のタイプをおすすめします。

機能で選ぶ

ゲーミングキーボードには、fps向きキーボードとしての使いやすさにも繋がる様々な機能があります。fps操作の傾向や使いやすさを考慮し、購入時は機能にも注目して選びましょう。

同時入力ができる「Nキーロールオーバー」は必須

Nキーロールオーバーとは、同時にいくつものキーを押す操作を行った時に複数のキー入力を全て認識してくれる機能です。

fpsは複数のキー入力に対応できることで操作の可能性が広がるため、Nキーロールオーバーはfps向きキーボードにはほぼ必須とされています。

誤入力しやすい人は「アンチゴースト」が便利

アンチゴーストとは、同時押しされたキーの位置関係により押していないキーも押したと認識されてしまうことを防ぐ機能です。

素早い操作により誤入力が多くなりやすい人や、複数キーを同時押しすることが多い人は、fps向きキーボードとしてアンチゴースト機能付きをおすすめします。

慣れているキーボードを選ぶ

fps向きキーボードも使う人間によって最適な操作感は異なるので、使いやすいキーボードであることも重要です。

サイズやキーの数、配列とタイプによって異なる使い心地からしっくりくるものを選びましょう。

普段からテンキーで数字入力する人はフルサイズを選ぶ

普段の文字入力でも使えるfps向きキーボードとして選ぶ場合は、テンキー付きのフルサイズキーボードが便利です。

テンキーはfpsの操作においては余計なキーであることもありますが、数字の入力が多くテンキーを頻繁に利用する人にとってはテンキー付きの方が使い勝手は向上します。

マウス使用頻度が高い人はテンキーレスを選ぶ

フルサイズのキーボードはテンキー操作ができて便利な反面、サイズが大きくなるためマウス操作には邪魔になることもあります。

fps向きキーボードとして使うためマウス操作のスペースも確保したい人は、テンキーレスを選び余裕のあるスペース作りをするのがおすすめです。

FPS専用にするなら片手キーボードもおすすめ

fps向きキーボードの中でもfpsの操作に特化してキーボードを使用するのであれば、片手キーボードを選択肢に入ってきます。

テンキーレスタイプのキーボードよりもさらに広くマウス用のスペースを取れる上に必要なキー以外を押して誤操作を起こす可能性を減らしてくれます。

【2020年厳選】左手デバイスのおすすめ10選|FPS・イラスト制作向けモデル

普段使いもするなら日本語配列を選ぶ

キーボードの配列には、日本で一般的に使われている日本語入力と世界的に使われているUS配列などがあります。

US配列は全角と半角の切り替えが無い、日本語配列にはある記号が無いなどの違いがあります。

fps向きキーボードとして購入する際に、fpsだけでなく普段のキーボード入力にも使用する可能性があるなら、日本語の入力がスムーズに行える日本語配列のキーボードをおすすめします。

キーの耐久性で選ぶ

ゲーミングキーボードとして販売されている製品は、多くがキーの耐久性もスペックとして表記しています。

fps向きキーボードは同じキーを何回も押すため、キーの耐久性も求められます。

キーの耐久性は、「打鍵回数○○回」などどれだけの打鍵回数に耐えられるマシンかといった表現がされていることが多いスペックです。

迷った際にはキーの耐久性が高い製品を選びましょう。

fps向きキーボードのおすすめメーカー

fps向きキーボードのおすすめメーカーを解説します。

  • Razer
  • HyperX
  • Logicool G

Razer

Razer ロゴ

Razerはアメリカのサンフランシスコに本拠地のあるゲーミングデバイスメーカーです。

Razerの製品はゲーミングデバイスに特化しており、BlackWidowシリーズなどはfps向きキーボードとして多くのfpsプレイヤーから利用されています。

人間工学に基づいたデザインも多く、長時間快適に使用できるキーボードが欲しい人にはRazerが向いています。

HyperX

HyperX ロゴ

HyperXは、アメリカに本社を置く半導体メモリメーカーが立ち上げた、デバイス用メーカーです。HyperXでは、ゲーミングデバイス各種やメモリなどの周辺機器を製造販売しています。

fps向きキーボードとしては、サイズやキーの形状がfps向きのAlloy FPS Proシリーズが人気です。fpsのプレイに特化させたキーボードを選ぶなら、HyperXがおすすめです。

Logicool G

Logicool(ロジクール)

Logicoolとは、スイスに本社を置くPC周辺機器や映像関連機器を製造販売するメーカーです。

Logicool GはLogicoolにおけるゲーミングデバイス用ブランドで、ゲーミングマウスやオーディオなどを取り扱っています。

fps向きキーボードとしては、長時間使いやすい形状にもこだわったGシリーズが人気です。安定して高い性能のキーボードが欲しいならLogicool Gをおすすめします。

fps向きキーボードのおすすめ10選

Razer BlackWidow Lite JP

Razer BlackWidow Lite JP

出典:Amazon

価格:10,690円

  • 静音性の優れたキースイッチ構造
  • 8,000万回の打鍵に耐える高耐久性
  • ケーブルの取り外し可能

Razer BlackWidow Lite JPは、集中してどこでもゲームに取り組めるよう作られたfps向きキーボードです。

Razer BlackWidow Lite JPはゲームプレイ中の集中を削ぐことの無いよう、静音性の高いオレンジ軸に加えOリングも内蔵することで静かな打鍵音で入力できます。

また、ケーブルが取り外し可能な上に8,000万回のキータッチに耐えられるほど耐久性も高いため、持ち運びもしやすく長く使えるゲーミングキーボードが欲しい人におすすめします。

Razer BlackWidow Lite JPの詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル オレンジ軸
キーストローク4.0㎜
接続有線
テンキーなし
サイズ13.3×36.1×3.6 cm
保証2年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボード

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボード

出典:Amazon

価格:12,785円

  • テンキーレスでコンパクト
  • Nキーロールオーバー対応
  • アンチゴースト機能搭載

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボードは、fps向きキーボードの中でも機能が充実しておりfpsが快適にプレイできる製品です。

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボードはゲーミングキーボードに期待されるNキーロールオーバーやアンチゴースト機能が搭載されており、正確かつ効果的なキー入力操作が行えます。

またサイズもテンキーレスでマウスのスペースを十分にとれるので、fpsを快適にかつ有利にプレイしたい人にはHyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボードがおすすめです。

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボードの詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル 赤軸
キーストローク4-0.4mm

 

接続有線
テンキーなし
サイズ35.8×13×3.6 cm
保証2年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Logicool G ゲーミングキーボード G213

Logicool G ゲーミングキーボード G213

出典:Amazon

価格:6,182円

  • 手首の負担を軽減するパームレスト
  • 低価格帯のゲーミングキーボード
  • 高速入力が可能な設計

Logicool G ゲーミングキーボード G213は、初心者でも導入しやすい価格と構造のfps向きキーボードです

Logicool G ゲーミングキーボード G213は一般的なキーボードの4倍高速入力ができるよう設計されているため、連打の多いfpsでも問題なく使用できます。

また手首に負荷のかかる長時間の使用でもパームレストや角度調整で負担が軽減できます。慣れているタイプのキーボードでfpsもプレイしたいなら、Logicool G ゲーミングキーボード G213をおすすめします。

Logicool G ゲーミングキーボード G213の詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メンブレン
キーストローク2.8±0.4mm
接続有線
テンキーあり
サイズ45.2×21.8×3.3 cm
保証2年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

FELiCON®ゲーミングキーボードK108

FELiCON®ゲーミングキーボードK108

出典:Amazon

価格:2,499円

  • 手軽に買える価格
  • マウスを広々使える左手用
  • エルゴノミクス設計

できるだけマウスを動かすためのスペースを確保したいなら、FELiCON®ゲーミングキーボードK108は最適のfps向きキーボードです。

fps操作に必要な38キーのみに絞られた左手操作用のゲーミングキーボードで、空間を広々と使えます。

FELiCON®ゲーミングキーボードK108は手首の負担を軽減できるようハンドパット付きで作られているため、操作そのものも楽に行えます。

価格的にも導入しやすいゲーミングキーボードが欲しい人には、FELiCON®ゲーミングキーボードK108が向いています。

FELiCON®ゲーミングキーボードK108の詳細情報

キーボード配列日本語配列(左半分のみ)
キーの種類メンブレン
キーストローク不明
接続有線
テンキー
サイズ23.2×17.3×3.5 cm
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

REDRAGON K552

REDRAGON K552

出典:Amazon

価格:3,999円

  • 安心して使える防水機能付き
  • 押した感覚がはっきり分かる青軸
  • レーザー印字のキーで文字が薄れない

REDRAGON K552は、激しい操作によってゲームをしている感覚をより強く得られるfps向きキーボードです。

REDRAGON K552は打鍵感が強い青軸のメカニカルキーボードなので、操作している感覚も大切にプレイしたい人に向いています。

また、キーの字が薄れにくいレーザー印字で、かつ防水機能も付いているため長く安心して使えるゲーミングキーボードを求めるのであればREDRAGON K552がおすすめです。

REDRAGON K552の詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル 青軸
キーストローク2.2±0.6mm
接続有線
テンキーなし
サイズ35.4×12.3×3.7 cm
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイト

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイト

出典:Amazon

価格:15,587円

  • 1000Hzのポーリングレート
  • 滑らかに入力できる赤軸
  • Nキーロールオーバー搭載

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイトは、操作における快適性と様々な入力に対応できる利便性を追求したfps向きキーボードです。

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイトは赤軸及びシリコングリス注入スタビライザーを使用することで、非常に滑らかな操作感となっています。

また、キーボードやマウス操作の情報をPCへ送る応答速度も1000Hzと高スペックで、素早い動作が無駄なく操作として反映されます。fpsプレイの速さにこだわりたい人には、Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイトがおすすめです。

Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイトの詳細情報

キーボード配列英語配列
キーの種類メカニカル 赤軸
キーストローク不明
接続有線
テンキーなし
サイズ39.6×18.8×6.2 cm
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBK

エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBK

出典:Amazon

価格:5,927円

  • 5,000万回の高耐久性
  • 便利な全キーロールオーバー対応
  • 取り換え用のキーキャップ付属

エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBKは、長く使うための工夫が多くされているゲーミングキーボードです。

fps向きキーボードにおいて重要なNキーロールオーバーも全キーで対応しているため、キーを同時に押すコマンドも遠慮せず使えます。

さらに、エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBKは使い続けることでの消耗についても、5,000万回の打鍵にも耐える耐久性がある上に消耗の激しいキー用のキーキャップ付属で対応しています。

激しい打鍵でのゲーム使用でも使い続けられるキーボードが欲しいなら、エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBKをおすすめします。

エレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBKの詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル 茶軸
キーストローク4.0mm
接続有線
テンキーなし
サイズ36.6×14.3×3.7 cm
保証不明

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

e元素 ゲーミングキーボード

e元素 ゲーミングキーボード

出典:Amazon

価格:4,799円

  • 水にもほこりにも強い防水設計
  • マウスが広々使えるコンパクトサイズ
  • 1年間保証付き

e元素 ゲーミングキーボードは、コンパクトかつ使いやすさにも注意して作られたfps向きキーボードです。

e元素 ゲーミングキーボードは防水設計がされているため、キーボードの大敵である水やほこりにも強く、安心して使用できます。

さらに、サイズについてもテンキーレスで312mmの横幅とコンパクトなのでマウスの操作を邪魔しません。fpsのためにキーボードを導入するならストレスなく長く使いたい人に、e元素 ゲーミングキーボードはおすすめです。

e元素 ゲーミングキーボードの詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル 赤軸
キーストローク2.0±0.6mm
接続有線
テンキーなし
サイズ31×12.3×3.7 cm
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2

FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2

出典:Amazon

価格:10,968円

  • 使いやすい茶軸キーボード
  • 日本語配列で普段使いも可能
  • 安心のNキーロールオーバー対応

FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2は、使用感も汎用性も一般的なキーボードに近づけながらもゲーミングキーボードとして優れた製品です。

FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2は茶軸のメカニカルキーボードで、かつ日本語配列となっているため普段に近い使い心地で使用できます。

また、fps向きキーボードには必須のNキーロールオーバーも対応しており、キーを問わず6キーまで同時押しが可能なので複雑な入力も可能です。

使い心地を大きく変えずに有利にゲームのできるキーボードとして、FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2はおすすめです。

FILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2の詳細情報

キーボード配列日本語配列
キーの種類メカニカル 茶軸
キーストローク4.0mm
接続有線
テンキーなし
サイズ35.6×13.5×3.3 cm
保証不明

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Koolertron 片手キーボード

出典:Amazon

価格:4,999円

  • 場所を取らない超コンパクトサイズ
  • 自在にキープログラムが可能
  • 赤軸で入力は滑らか

Koolertron 片手キーボードは、fpsでの操作を最大限効率化できる片手キーボードです。

Koolertron 片手キーボードはキーの数が9個のみなのでサイズが非常に小さく、マウスの使いやすい位置やスペースを十分に確保できます。

また、Koolertron 片手キーボードは1つのキーにそれぞれキープログラムが行えるだけでなく、マクロで複雑な操作も簡略化できるため、ゲーム効率の向上にも繋がります

操作もサイズも最小限にしてfpsをプレイしたい人にはKoolertron 片手キーボードが向いています。

Koolertron 片手キーボードの詳細情報

キーボード配列数字キーボード
キーの種類メカニカル 赤軸
キーストローク不明
接続有線
テンキー
サイズ16.4×13.4×5 cm
保証不明

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

fps向きキーボードの比較一覧表

No12345678910
商品画像Razer BlackWidow Lite JPHyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボードLogicool G ゲーミングキーボード G213FELiCON®ゲーミングキーボードK108REDRAGON K552Xtrfy テンキーレス(TKL)ホワイトエレコム ゲーミングキーボード TK-G01UKBKe元素 ゲーミングキーボードFILCO Majestouch2 FKBN91M/JB2
商品名Razer BlackWidow
Lite JP
HyperX Alloy FPS Pro
ゲーミングキーボード
Logicool G
ゲーミングキーボード
G213
FELiCON®
ゲーミングキーボード
K108
REDRAGON K552Xtrfy テンキーレス
(TKL)ホワイト
エレコム
ゲーミングキーボード
TK-G01UKBK
e元素
ゲーミングキーボード
FILCO Majestouch2
FKBN91M/JB2
Koolertron
片手キーボード
メーカーRazerHyperXLogicool GFELiCON®REDRAGONXtrfyエレコムe元素 FILCOKoolertron
特徴静音性の優れた
キースイッチ構造
8,000万回の打鍵に耐える
高耐久性ケーブルの
取り外し可能
テンキーレスでコンパクト
Nキーロールオーバー対応
アンチゴースト機能搭載
手首の負担を軽減する
パームレスト
低価格帯の
ゲーミングキーボード
高速入力が可能な設計
手軽に買える価格
マウスを広々使える
左手用エルゴノミクス設計
安心して使える防水機能
青軸
レーザー印字のキーで
文字が薄れない
1000Hzのポーリングレート
滑らかに入力できる赤軸
Nキーロールオーバー搭載
5,000万回の高耐久性
便利な全キーロールオーバー
取り換え用の
キーキャップ付属
防水設計
コンパクトサイズ
1年間保証付き
茶軸キーボード
JS配列で普段使いも可能
Nキーロールオーバー対応
超コンパクトサイズ
キープログラムが自在
入力は滑らか
キーボード配列日本語配列日本語配列日本語配列日本語配列(左半分のみ)日本語配列英語配列日本語配列日本語配列日本語配列数字キーボード
キーの種類メカニカル オレンジ軸メカニカル 赤軸メンブレンメンブレンメカニカル 青軸メカニカル 赤軸メカニカル 茶軸メカニカル 赤軸メカニカル 茶軸メカニカル 赤軸
キーストローク4.0mm4-0.4mm2.8±0.4mm不明2.2±0.6mm不明4.0mm2.0±0.6mm4.0mm不明
接続有線有線有線有線有線有線有線有線有線有線
テンキーなしなしありなしなしなしなしなし
サイズ13.3×36.1×3.6 cm35.8×13×3.6 cm45.2×21.8×3.3 cm23.2×17.3×3.5 cm35.4×12.3×3.7 cm39.6×18.8×6.2 cm36.6×14.3×3.7 cm31×12.3×3.7 cm35.6×13.5×3.3 cm16.4×13.4×5 cm
保証2年2年2年1年1年1年不明1年不明不明
商品リンクAmazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

まとめ

fps向きキーボードは、数あるキーボードの中でも一定の条件を満たした製品を選んだ方がより有利なプレイングができます。

ゲーム独特の入力をしやすい機能に加え、サイズ感や耐久性などfpsでの使用目的に沿って選んだ方が、快適に使えるキーボードが手に入ります。

選び方やおすすめのキーボードといった情報も参考にして、fpsのプレイがはかどるキーボードを選びましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

【2020年】PS4対応のキーボードおすすめ10選|超人気商品からコスパモデルまで Razer RZ03-02640700-R3M1メカニカルキーボードのおすすめ10選|軸別の特徴や選び方を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です