ゲーミングノートPCのおすすめ10選【高性能・高コスパだけ】

ゲーミングノートPCは省スペースかつ、室内や野外に持ち運び可能でPCゲームをサクサク遊べるのが魅力。
ゲーミングノートPCを選ぶには、処理速度やデータ容量といったスペックと、価格のバランスを見極めるのが重要です。

今回は、ゲーミングに最適なノートPCの選び方や、中心的な価格帯について解説。
通販で購入できるおすすめゲーミングノートPC10選もご紹介します。

この記事のみどころ
  • ゲーミングノートPCの価格帯を紹介
  • ゲーミングノートPCの選び方を解説
  • おすすめゲーミングノートPC10選を紹介

ゲーミングノートPCとは?

Razer Blade Stealth 13 GTX

出典:Amazon

ゲーミングノートPCは、ノートPCの中でもゲーミングに特化して作られたハイスペックなPCです。

一般的なノートPCとの主な違いは、高精細な3DCGもスムーズに処理できるようにハイグレードなCPUが採用されていることや、メモリ・ストレージの容量が大きいことなどです。

また、ディスプレイやキーボードの応答速度が速かったり、ディスプレイの画質にもこだわっていたりと、よりゲームを有利に進められる工夫がある商品も多いです。
デスクトップのゲーミングPCよりはスペック面で劣りますが、価格が安い、省スペース、持ち運んで使えるなど、ゲーミングノートPCならではのメリットも多くあります。

ゲーミングノートPCの価格帯

ゲーミングノートPCの価格を表にまとめました。

価格帯特徴
10万円以下i5-10400
(Ryzen 5 3500)
8GB
10〜15万円i5-10400
(Ryzen 5 3600)
16GB
15〜20万円i7-10700
(Ryzen 7 3700X)
16GB
20〜25万円i9-10900K
(Ryzen 9 3900X)
32GB
25万円以上i9-10900K
(Ryzen 9 3900X)
32GB、最新GPU

ゲーミングノートPCは、価格が上がると、主にCPUの性能とメモリの容量が変わります。
10万円台の商品は、3Dゲームをプレイするのに最低限のスペックのi5-10400(Ryzen 5 3600)を搭載。
20万円以上になると、今後のゲームの進化やアップデートにも耐えられるスペックのゲーミングノートPCが手に入ります。

予算別に選ぶ場合の目安をまとめると・・・

CHECK
  • 10万円以下:コストを抑えてゲーミングノートPCを購入したい方
  • 10〜15万円:現状出ているゲームをプレイできれば良い方
  • 15〜20万円:長く使えるゲーミングノートPCが欲しい方
  • 20〜25万円:よりハイスペックなゲーミングノートPCを求める方
  • 25万円以上:デスクトップのゲーミングPCと同等以上のスペックを求める方
ゲーミングノートPCは、一般的なノートPCよりも高価格です。
現状出ているゲームを不自由なくプレイするためには、最低でも10万円〜が予算になるでしょう。
今後のアップデートも考えて長く使えるゲーミングノートPCが欲しい場合、15〜25万円ほどが予算の目安になります。

ゲーミングノートPCの選び方

ゲーミングノートPCの選び方を解説します。

  • CPUで選ぶ
  • GPUは GeForce GTX 1650 以上を選ぶ
  • メモリは16G以上を選ぶ
  • ストレージはSSDの512GB以上を選ぶ
  • ディスプレイは15インチ以上を選ぶ
  • キーボード配列で選ぶ

CPUで選ぶ

CPUとは、簡単に言うとPCの頭脳のようなもの。
計算処理や制御を行う核となる部分で、CPUの種類によってPCの性能が大きく左右されます。
「インテル」と「AMD」の2つが主流メーカーで、それぞれのメーカーで中心的なブランドが「インテルCore」と「AMD Ryzen」です。

CPUで選ぶ

CPUの型番は、「Intel Core i7-8700K 3.70GHz」等と表されます。

「メーカー名(Intel)→ブランド名(Core)→シリーズ名(i7)→プロセッサーナンバー(8700)→PCのカテゴリ(K)→クロック周波数(3.70GHz)」

という並びになっています。

この中で、CPUの性能を見分けるポイントになるのが「シリーズ名」「プロセッサーナンバー」「クロック周波数」
それぞれ、数字が大きいほど性能が良いことを示しています。

ゲーミングノートPCとしておすすめのCPUスペック
・シリーズ名:インテルCore=i5以上、AMD Ryzen=5以上
・プロセッサーナンバー:インテルCore=10000以上、AMD Ryzen=3000以上
・クロック周波数:3.0GHz以上

インテルCoreであれば i5H 以上を選ぶ

インテルCoreには、現在「i3」「i5」「i7」「i9」というラインナップがありますが、ゲーミングノートPCとしてはi5以上を搭載した商品がおすすめです

インテルCore i5は「ターボ・ブースト・テクノロジー」機能を搭載しています。
これは、システムに余力があれば自動的に高速化してくれるもので、作業内容に応じたパフォーマンスを発揮するためマルチタスクに適していて、処理の重いゲームにも十分対応できます。

より高速処理を求める場合には、一つランクの高いi7シリーズがおすすめです。

AMD Ryzenであれば 5 以上を選ぶ

AMD Ryzenには、現在「3」「5」「7」の3つのシリーズがあります。

「Ryzen 5」は6コア12スレッドに対応していて、インテルCoreシリーズと同等以上の性能ながら、自社工場を持たず製造しているため低価格なことが特徴です。

AMDには他に「AMD Aシリーズ」「AMD FX」というCPUもあります。
特にAMD Aシリーズは3D処理性能が優れていて、PlayStation 4やXbox Oneにも搭載されているなど、ゲーミング向けのCPUです。

その他のメーカーはコアの数とクロック周波数で選ぶ

CPUのメーカーには「インテル」「AMD」以外の会社もありますが、それらのメーカーの商品はそれぞれ規格が違い、数も多いため、ここで全てを紹介することはできません。

メジャーなメーカー以外のCPU性能を判断するとき、参考になるのが「コアの数」と「クロック周波数」です。

  • コアの数
    CPUに内蔵されている演算処理をする部分の数。多いほど作業を分担できるので、処理能力が高くなる。
    市販されているCPUのコア数は1〜10程度まであり、ゲーミングノートPCとしては6コア以上がおすすめ。
  • クロック周波数
    電気信号をON/OFFする切り替え速度。このクロック周波数が高いほど、素早く演算処理ができるということ。
    コア1つあたりの数字で表されるので、クロック周波数×コア数の数字が大きくなるほど処理速度が速くなる。

ただし、10年ほど前にクロック周波数が3.0GHzを超えてから、現在まであまり周波数は進歩していません。
クロック周波数の数字自体よりも、コア数やカテゴリーの方がCPU性能の決め手になることが多いです。

GPUは GeForce GTX 1650 以上を選ぶ

GPUにも、CPU同様さまざまな種類があり、最新のものになるほど処理能力が高いです。

ゲーミングノートPCにおすすめのGPUは「GeForce GTX 1650」以上
GeForceの型番は、CPUとは違い、単純に数字が大きいほど性能が良いというわけではないので判別が難しいです。

主な見方としては、シリーズ名が上位から「RTX>GTX>GTS>GT>GS」となっているので、「RTX」か「GTX」を選びましょう。
数字部分は、基本的には「3000番台>2000番台>1600番台>1000番台>900番台」となります。

GPU

ただし、下二桁は「80>70>60>50」の順に性能が高く、「1060」の方が「1650」より高性能など、少々複雑です。

「GeForce GTX 1650」以上のGPUの見分け方は
「1600番台の下二桁50以上」「1000番台の下二桁60以上」
ということになります。

MEMO
GPUとは、PCが行う計算処理の中でも、3Dグラフィックの画像描写に特化した処理を行うパーツのことです。
全てのノートPCに搭載されているものではありませんが、ゲーミングノートPCとして販売されている商品にはほとんど搭載されています。

メモリは16G以上を選ぶ

メモリとは、そのPCが一度に処理できる情報量を表します。
一般的なPC作業なら4~8GBあれば十分ですが、処理の重いゲームをプレイするなら最低8GB以上が推奨スペックです。

また、PCゲームは、例えばドラクエ10なら「2GB以上」、スターウォーズバトルフロントなら「16GB以上」など、それぞれ推奨スペックを発表しています。
自分がプレイしたいゲームに合わせたメモリ容量を選べば安心でしょう。

ストレージはSSDの512GB以上を選ぶ

ゲーミング用のノートPCには、512GB以上のSSDストレージが必須と言えるでしょう。

ストレージとは、そのPCが保存できるデータの容量のこと。
ストレージにはSSDとHDDの2種類があり、ゲーミングノートPCにおすすめなのはSSDです。

SSDは、HDDよりも書き込み/読み込みが早いことが特徴なので、ゲームのローディングやマップの読み込みに時間を取られることがなく、ストレスフリーにプレイできます。

ストレージ

その上で、容量は512GB以上がおすすめ
なぜなら、現在ゲーム1本のデータ容量は50GB前後のものが主流のためです。

PC自体のOS(Windows10で20GB)に加え、ゲーム数本、その他にブラウザやソフトウェアをインストールすると、512GBの下のランクの256GBだとすぐに一杯になってしまいます。

大容量を求める方はSSD・HDD両方を搭載したものを

1TB以上の大容量を求める方には、SSDとHDDを両方搭載したデュアルストレージのノートPCがおすすめ
HDDなら、1TBでも10,000円前後(SSDは1TBだと50,000円程度)なので、低価格かつ大容量を実現できます。

MEMO

前の項目で、ゲーミングPCには読み込みの早いSSDがおすすめとお伝えしました。
しかし、SSDは容量あたりの価格が高いため、大容量ストレージを全てSSDで構成すると高価格になりがちです。

ディスプレイは15インチ以上を選ぶ

ノートPCのディスプレイは、13インチ前後が主流。
しかし、ゲーミングノートPCの場合は、それより大きめの15インチ以上がおすすめです。

ディスプレイが大きいと、視界いっぱいに風景が広がってゲームの世界に没入できるほか、細部が潰れてしまわないため遠くの敵の動きまで素早く察知することができます。

キーボード配列で選ぶ

初めて使う場合や特にこだわりがないのであれば、使いやすい日本語配列キーボードをおすすめします。

キーボードのキーの配列は、英語配列のものと日本語配列のものに大きく分けられます。

英語配列も慣れれば問題なく使えますが、Enterキーなど頻繁に使うキーの大きさや配置が異なるため、使い勝手への影響も大きくなります。

ゲーミングノートPCのおすすめメーカー

ゲーミングノートPCのおすすめメーカーを解説します。

  • ASUS
  • Acer
  • MSI

ASUS

ASUS

ASUSは、台湾のPC・PC周辺機器メーカー。
いわゆる中華メーカーですが、OEMとしてソニー、エプソン、アップルなどにPC部品を提供しているメーカーなので、品質が優れているのが強みです

ゲーミングノートPCのラインナップが豊富で、コスパのいいモデルから最新のCPU・GPUを備えたハイエンドモデルまで自分に必要なスペックを選ぶことができます。
用途や求めるスペックがはっきりしている方におすすめです。

Acer

acer

Acerは台湾に本社を置き、世界160以上の国と地域で展開しているパソコン関連機器メーカーです。

AcerのゲーミングノートPCは、スペックの割に価格が安く、コスパがいいことが特徴。
インテルCore i7搭載でも10万円台前半で購入できる商品が多く、コストを抑えて高性能なゲーミングノートPCを手に入れることができます。

コスパ重視でゲーミングノートPCをお探しの方におすすめです。

MSI

msi

MSIは台湾のPC・PC部品メーカー。
商品はゲーミングデバイスが中心で、「Titanシリーズ」「Stealthシリーズ」など、目的やスペック別に多彩なゲーミングノートPCのラインナップがあります。

CPUはインテルとAMDどちらも採用していて、AMD採用の商品は「Ryzen 7」シリーズで10万円台半ばなどコスパも良好。
まデュアルストレージのゲーミングノートPCも多いので、コスパと大容量を両立したい方におすすめです。

ゲーミングノートPCのおすすめ10選

ASUS G712LW-I7R2070

ASUS G712LW-I7R2070

出典:Amazon

価格:219,800円

  • インテルCore i7、RTX 2070搭載
  • どんなゲームもストレスフリーに遊べる
  • 費用対効果が高い
ASUS G712LW-I7R2070は、CPUにインテルCore i7、GPUにRTX 2070を採用したハイスペックなゲーミングノートPC。
メモリは32GB、ストレージも1TBと、どんなゲームでもサクサク遊べる十分な性能を備えています

価格は20万円を超えるので手ごろとは言えませんが、費用対効果はかなり高いと言えるでしょう。
初期コストはかかっても、長く安定して使えるゲーミングノートPCが欲しい方におすすめです。

ASUS G712LW-I7R2070の詳細情報

ディスプレイサイズ17.3インチ
CPUインテル Core i7-10750H
GPUNVIDIA GeForce RTX 2070
メモリ32GB
ストレージHDD 1TB
キーボード配列日本語配列
重量5.48kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、USB3.1、USB3.0
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A

Acer Nitro5 AN515-55-A58U5A

出典:Amazon

価格:89,820円

  • 9万円を切る価格
  • インテルCore i5、GTX 1660搭載
  • コストを抑えたい方におすすめ
Acer Nitro5 AN515-55-A58U5Aは、9万円を切るお手頃価格のゲーミングノートPC。
スペックはゲーミングノートPCの中では高い方ではありませんが、CPUはインテルCore i5、GPUはGTX 1660で、そこまでハードな使い方をしなければ現行のゲームで遊ぶには十分です。

コストを抑えてゲーミングノートPCをお探しの方におすすめです。

Acer Nitro5 AN515-55-A58U5Aの詳細情報

ディスプレイサイズ15.6インチ
CPUインテル Core i5-10300H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
キーボード配列日本語配列
重量2.23kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI
USB3.1(Type-C、Type-A)
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

MSI GF63-9SCSR-488JP

MSI GF63-9SCSR-488JP

出典:Amazon

価格:124,800円

  • インテルCore i7搭載
  • 購入しやすい価格
  • 持ち運びしやすいサイズ感
MSI GF63-9SCSR-488JPは、価格の割にCPU性能が高いことが特徴
10万円台前半の価格ながら、インテルCore i7を搭載しています。

GPUはGTX 1650なので特別ハイスペックというわけではありませんが、現行のゲームで遊ぶには十分。
重さ1.86kg、薄さ21.7mmと、持ち運びしやすいサイズ感なこともポイントです。

MSI GF63-9SCSR-488JPの詳細情報

ディスプレイサイズ15.6インチ
CPUインテル Core i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量1.86kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI
USB3.2(Type-C、Type-A)
保証2年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Razer Blade Stealth 13 GTX

Razer Blade Stealth 13 GTX

出典:Amazon

価格:238,800円

  • インテルCore i7搭載
  • 薄型・軽量
  • キーボードにRGBライティング搭載
Razer Blade Stealth 13 GTXは、CPUにインテルCore i7、GPUにGTX 1650を搭載。
現行のゲームを十分快適に遊べるスペックかつ、重さ1.42kg、薄さ5mmと、非常に薄型・軽量なことがポイントです。

また、キーボードのライティングやベゼルを極限まで狭くしたディスプレイなど、よりゲームを楽しめる工夫も。
スペックだけではなく、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

Razer Blade Stealth 13 GTXの詳細情報

ディスプレイサイズ13.3インチ
CPUインテル Core i7- 1065 G7
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量1.42kg
表面処理非光沢
接続端子USB3.0(Type-A)
保証2年(有料)

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Dell NG385VRA-ANLW

Dell NG385VRA-ANLW

出典:Amazon

価格:129,800円

  • 12万円台の価格
  • インテルCore i7搭載
  • ブラック/ホワイトの2色展開

Dell NG385VRA-ANLWは、まず12万円台の購入しやすい価格がポイント。
ゲーミングノートPCの中では低価格帯ですが、CPUはインテルCore i7、GPUはGTX 1660でしっかりとした性能を備えています。

ゲーミングノートPCはブラックを基調としたデザインが多いですが、こちらはブラック/ホワイトの2色展開なことも魅力。
コスパ・スペック・デザインの3要素を備えたゲーミングPCです。

Dell NG385VRA-ANLWの詳細情報

ディスプレイサイズ15.6インチ
CPUインテル Core i7-10750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量4.14kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、MiniDP
USB2.0(Type-C)
USB3.2(Type-A)
Thunderbolt
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

AORUS 7 MB-7JP1130SH

AORUS 7 MB-7JP1130SH

出典:Amazon

価格:126,800円

  • インテルCore i7搭載
  • 144Hzの高速リフレッシュレートディスプレイ
  • 12万円台の価格
AORUS 7 MB-7JP1130SHは、あまり知名度の高くない「AORUS」というメーカーの商品ですが、12万円台の価格でインテルCore i7とGTX 1650を搭載。
さらに、144Hzの高速リフレッシュレートのディスプレイを採用し、動きの激しいゲームにも対応できることがポイントです。

メーカー名にこだわらず、コスパの良いゲーミングノートPCをお探しの方におすすめです。

AORUS 7 MB-7JP1130SHの詳細情報

ディスプレイサイズ17.3インチ
CPUインテル Core i7-10750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量3.52kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、MiniDP
USB3.1(Type-A、Type-C)
USB2.0(Type-A)、SDカードスロット
保証2年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Lenovo Legion Y7000

Lenovo Legion Y7000

出典:Amazon

価格:163,195円

  • インテルCore i7、GTX 1650搭載
  • 効率的な冷却システム
  • RTX 2060搭載モデルもあり
Lenovo Legion Y7000は、基本スペックの他に冷却システムにもこだわっていることがポイント
2つのファンと4つの熱通気口で効率的に冷却し、ゲーミング中のヒートアップを防ぎます。

CPUはインテルCore i7、GPUはGTX 1650なので、基本性能も十分。
ちなみに、プラス約2万円でより高性能なRTX 2060を搭載したハイスペックモデルも選択できます。

Lenovo Legion Y7000の詳細情報

ディスプレイサイズ15インチ
CPUインテル Core i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量2.3kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、MiniDP
USB(Type-A)
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

iiyama LEVEL∞

iiyama LEVEL∞

出典:Amazon

価格:199,980円

  • インテルCore i7、RTX 2070搭載
  • リフレッシュレート144Hz
  • 20万円を切る価格

iiyama LEVEL∞は、CPUにインテルCore i7、GPUにRTX 2070を搭載。
現行のゲームだけではなく、アップデートやゲームの進化にも対応でき、長く使えるゲーミングノートPCです。

さらにディスプレイはリフレッシュレート144Hzで、動きの激しいゲームにも十分対応可能。
ラップトップとしては分厚めなので持ち運びにはあまり向いていませんが、据え置きでの使用が前提ならコスパも良いおすすめ商品です

iiyama LEVEL∞の詳細情報

ディスプレイサイズ15.6インチ
CPUインテル Core i7-10750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 2070
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB
キーボード配列日本語配列
重量2.44kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、MiniDP
USB3.0(Type-A)USB3.1(Type-C)
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

HP ゲーミングノートパソコン Pavilion

HP ゲーミングノートパソコン Pavilion

出典:Amazon

価格:-円(在庫切れ中)

  • インテルCore i5、GTX 1660搭載
  • B & O PLAYのオーディオシステム採用
  • 16.1インチIPSパネル搭載

HP ゲーミングノートパソコン Pavilionは、CPUにインテルCore i5、GPUにGTX 1660を採用し、現行のゲームをプレイするには十分なスペック
さらにディスプレイは16.1インチのIPSパネル、オーディオシステムにはBang & OlufsenのカジュアルブランドであるB & O PLAYの技術を採用するなど、見え方・聞こえ方にもこだわっているのがポイントです。

スペックのみではなく、迫力あるプレイ体験にこだわりたい方におすすめです。

HP ゲーミングノートパソコン Pavilionの詳細情報

ディスプレイサイズ15.6インチ
CPUインテル Core i5-10300H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1660
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
キーボード配列日本語配列
重量2.34kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、SDカードリーダー
USB(Type-A、Type-C)
保証

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

mouse G-Tune P5

mouse G-Tune P5

出典:Amazon

価格:129,800円

  • インテルCore i7搭載
  • 次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応
  • 12万円台の価格

mouse G-Tune P5は、CPUにインテルCore i7、GPUにGTX 1650を搭載したコスパの良いモデル。
さらに次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応していて、高速かつスムーズな通信が可能なことも魅力です。

ストレージは256GBとやや小さめですが、外付けSSDなどで拡張も可能なので大きな問題ではないでしょう。
ハイスペックと高コスパを両立したゲーミングノートPCを探している方におすすめです。

mouse G-Tune P5の詳細情報

ディスプレイサイズ16.1インチ
CPUインテル Core i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD 256GB
キーボード配列日本語配列
重量2.5kg
表面処理非光沢
接続端子HDMI、MiniDP
USB(Type-A、Type-C)
保証1年

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

ゲーミングノートPCの比較一覧表

No12345678910
商品画像ASUS G712LW-I7R2070Acer Nitro5 AN515-55-A58U5AMSI GF63-9SCSR-488JPRazer Blade Stealth 13 GTXDell NG385VRA-ANLWAORUS 7 MB-7JP1130SHLenovo Legion Y7000iiyama LEVEL∞HP ゲーミングノートパソコン Pavilionmouse G-Tune P5
商品名ASUS
G712LW-I7R2070
Acer Nitro5
AN515-55-A58U5A
MSI
GF63-9SCSR-488JP
Razer
Blade Stealth 13 GTX
Dell
NG385VRA-ANLW
AORUS 7
MB-7JP1130SH
Lenovo
Legion Y7000
iiyama
LEVEL∞
HP ゲーミング
ノートパソコン Pavilion
mouse
G-Tune P5
メーカーASUSAcerMSIRazerDellAORUSLenovoiiyamaHPmouse
特徴ハイスペック
サクサクプレイできる
大容量
低価格
必要十分なスペック
コンパクト
高コスパ
薄型・軽量
ゲーム特化のデザイン
高コスパ
カラバリ有
サクサクプレイできる
高コスパ
冷却システムが充実
必要十分なスペック
ハイスペック
高リフレッシュレート
大画面
オーディオにもこだわり
Wi-Fi6対応で高速通信可
高コスパ
ディスプレイ
サイズ
17.3インチ15.6インチ15.6インチ13.3インチ15.6インチ17.3インチ15インチ15.6インチ16.1インチ16.1インチ
CPUインテル
Core i7-10750H
インテル
Core i5-10300H
インテル
Core i7-9750H
インテル
Core i7- 1065 G7
インテル
Core i7-10750H
インテル
Core i7-10750H
インテル
Core i7-9750H
インテル
Core i7-10750H
インテル
Core i5-10300H
インテル
Core i7-9750H
GPUNVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 1660
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 2070
NVIDIA GeForce
GTX 1660
NVIDIA GeForce
GTX 1650
メモリ32GB8GB16GB16GB16GB16GB16GB16GB16GB16GB
ストレージHDD 1TBSSD 256GBSSD 512GBSSD 512GBSSD 512GBSSD 512GBSSD 512GBSSD 500GBSSD 512GBSSD 256GB
キーボード
配列
日本語日本語日本語日本語日本語日本語日本語日本語日本語日本語
重量5.48kg2.23kg1.86kg1.42kg4.14kg3.52kg2.3kg2.44kg2.34kg2.5kg
表面処理非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢非光沢
接続端子HDMI
USB3.1、USB3.0
HDMI、USB3.1
(Type-C、Type-A)
HDMI、USB3.2
(Type-C、Type-A)
USB3.0(Type-A)HDMI、MiniDP
USB2.0(Type-C)
USB3.2(Type-A)
Thunderbolt
HDMI、MiniDP
USB3.1/2.0
(Type-A、Type-C)
SDカードスロット
HDMI、MiniDP
USB(Type-A)
HDMI、MiniDP
USB3.0(Type-A)
USB3.1(Type-C)
HDMI
USB(Type-A)
USB(Type-C)
SDカードリーダー
HDMI、MiniDP
USB(Type-A、Type-C)
保証1年1年2年2年(有料)1年2年1年1年1年
商品リンクAmazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

まとめ

ゲーミングノートPCは、処理速度が何よりも大切。
長く使えるゲーミングノートPCを選ぶなら、現行のゲームを余裕を持ってプレイできるスペックがおすすめです。

今回ご紹介したゲーミングノートPCの選び方とおすすめ商品を、ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です