【2020年版】中華ヘッドホンのおすすめ10選|高コスパ商品厳選紹介!

【2020年版】中華ヘッドホンのおすすめ10選|高コスパ商品厳選

近年、低価格で高品質な中華ヘッドホンが、オーディオファンからの注目を集めています。
ネット近年、低価格で高品質な中華ヘッドホンが、オーディオファンからの注目を集めています。
ネット通販などで手軽に購入できる中華ヘッドホンですが、中には粗悪な商品も無いとは言えません。

そこで今回は、中華ヘッドホンを選ぶ基準と、予算の目安を解説。

スペックとレビュー評価から選ぶ、おすすめの中華ヘッドホン10選もご紹介します。

この記事のみどころ
  • 中華ヘッドホンの予算目安を紹介
  • 中華ヘッドホンの選び方を解説
  • おすすめ中華ヘッドホン10選を紹介

中華ヘッドホンとは?

中華ヘッドホンとは?

中華ヘッドホンとは、中国や台湾のメーカーが生産しているヘッドホンのことです。
中華ヘッドホンの特徴は、とにかく価格が安く、コスパがいいこと。

同等のスペックの国産ヘッドホンと比べると、2/1〜2/3くらいの価格で購入できる商品が多くなっています。

以前は、中国製品といえば安くて品質が悪いイメージでしたが、近年は品質が良い商品も増えていて、本格的なオーディオファンからも注目を集めています。

中華ヘッドホンの価格帯

中華ヘッドホンの価格を表にまとめました。

価格帯特徴
〜3,000円最低限の音質・機能
3,000〜5,000円一般的な音質・コスパモデル
5,000〜10,000円ノイズキャンセリング・サラウンド
10,000〜30,000円高音質・ワイヤレス
30,000円〜ハイレゾ対応・低遅延ワイヤレス

中華ヘッドホンは、価格帯が上がるほど音質が良くなります。
普通に音楽鑑賞やゲーミングができる音質なら3,000円〜高音質やハイレゾ対応を求めるなら10,000円〜が予算の目安です。

また、音質以外のサラウンドやワイヤレス接続といった付加機能も、価格が高くなるほど優れています。

予算別に選ぶ場合の目安をまとめると・・・

CHECK
  • 〜3,000円:音が聞こえれば良い方
  • 3,000〜5,000円:コスパの良いヘッドホンが欲しい方
  • 5,000〜10,000円:やや音質にこだわりたい方
  • 10,000〜30,000円:音質・性能へのこだわりが強い方
  • 30,000円〜:音楽鑑賞が趣味の方、コアなゲーマー
中華ヘッドホンの中心的な価格帯は、3,000〜10,000円ほど。

音質には好みがあるので、必ずしも高いほど良いという訳ではありませんが、ある程度の音質を求めるならこの価格帯がおすすめです。
さらにこだわりが強い方は、10,000円〜を予算にしておくと良いでしょう。

中華ヘッドホンは安いのに高音質!

中華ヘッドホンは安いのに高音質!

出典:Amazon

先にもお伝えしましたが、中華ヘッドホンは安いのに高音質なのが最大のメリットです。
中華ヘッドホンのコスパがいい理由は、国内・海外に向けて大量生産するので、1つあたりの生産コストを安く抑えられること。

また、中華メーカーは会社の数が多く、ハイスペック化・低価格化の競争が熾烈になっていることも要因の一つです。
有名メーカーの高級ヘッドホンにそっくりな見た目・音質の商品も多く、コンプライアンスにこだわらないなら、かなりお得に良いヘッドホンを購入できます。

中華ヘッドホンにデメリットや注意点はある?

中華ヘッドホンにデメリットや注意点はある?

中華ヘッドホンのデメリットを解説します。

  • 偽物が売られていることがある
  • デザインが有名ブランドに似ている

偽物が売られていることがある

以前は、中華メーカーといえば「他の海外メーカーの偽物を生産している」というイメージがありました。
しかし近年は、中華メーカー同士のパクリ合いや偽物も増えてきています。

中華ヘッドホンを、安いからといって個人輸入などで買うと偽物が届くこともあり、トラブルの元です。
中華ヘッドホンを購入するときは、Amazonなどきちんと出店者のチェックをしているサイトを選びましょう。

デザインが有名ブランドに似ている

中華ヘッドホンは、他の有名ブランドの商品にデザインを似せていることがあります。

中国と日本では、「真似る」ということに対する認識が少し違うので、中華メーカー側はオリジナル商品として売っていても、日本人から見れば「パクリ」と思うことも。
そのため、そういった二番煎じの商品を買うのに気後れしてしまうのは、中華ヘッドホンならではのデメリットです。

逆に、「似たものが安く買えてラッキー」と思う方には、あまり気にならないでしょう。
ちなみに、ブランド名まで偽っている場合には、偽物だとわかって買う側も罰せられますが、「似ている」レベルの商品を購入することは違法ではありません。

中華ヘッドホンの選び方

中華ヘッドホンの選び方を解説します。

  • レビューをよく見て選ぶ
  • 有線かbluetoothかで選ぶ
  • 付加機能で選ぶ

レビューをよく見て選ぶ

レビューをよく見て選ぶ

中華ヘッドホンは、品質の良い商品も多いとお伝えしましたが、全てが高品質という訳ではありません。
特にネット通販だと、写真と全く違うものが届いたり、記載スペックと全く違うということもありえます。

こういった事態を防ぐためには、購入前にレビューをしっかりチェックするのがおすすめ。
良いレビューはサクラの可能性もあるので、悪いレビューまでしっかり読み込むようにしましょう。

ヘッドホンのタイプで選ぶ

ヘッドホンのタイプで選ぶ

中華ヘッドホンは商品数がとても多いため、接続方法やイヤーカップのタイプを先に決めておくと、商品を選びやすくなります。

有線かbluetoothか

接続方法は、「有線」「Bluetooth(無線)」の2種類です。

有線ヘッドホン
遅延がなく、音質も無線より良いものが多いことが特徴です。
また、本体に電池が内蔵されていないので軽く、耳や頭が疲れにくいです。

長時間の映画鑑賞や、ゲーミングヘッドホンとして向いています。
しかし、ケーブルが煩わしく感じることがあったり、ケーブルの断線によって故障する可能性があるというデメリットもあります。

Bluetooth(無線)
ケーブルが必要ないのでスッキリ使えるのがメリット。
ヘッドホンを、運動中や外で使いたい方におすすめです。

ただし、接続状況によっては遅延が発生するので、動画鑑賞やゲームには向かない商品も。
また、接続したい機器によっては、別売りのBluetooth送信機が必要になる場合もあります。

密閉型か開放型か

イヤーカップの形状は、耳の周りを覆う「密閉型」と、耳に載せるように装着する「開放型」の2種類。

密閉型
遮音性が高いので音漏れしにくく、外の音も気にならないので、より音に集中できるというメリットがあります。
音楽鑑賞やゲーミングなど、没入感を感じたいシーンにおすすめです。

ただし、長時間使用すると疲れやすいので、フィット感や軽さにこだわって選ぶ必要があります

開放型
開放型のヘッドホンは、長時間使用しても疲れにくいので、頭痛や肩こりが気になる方におすすめ。
また、外の音が常に聞こえているので、ランニングや外出中の使用にも適しています。

しかし、音質やサラウンド性能は密閉型より低めで、音漏れしやすいというデメリットがあります。

付加機能で選ぶ

付加機能で選ぶ

中華ヘッドホンには、様々な付加機能がある商品も。
ヘッドホンにあると嬉しい機能は、例えば以下のものがあります。

  • リモコンの操作性
  • スピード充電
  • 長時間バッテリー
  • 有線/無線切り替え
  • リケーブル対応
  • モード切り替え

あくまでもプラスアルファの機能ですが、特に必要なものがあればヘッドホン選びの基準にしてみましょう。

ノイズキャンセリング付きがおすすめ

ノイズキャンセリング機能とは、外部のノイズを感知し、逆位相の音を発することで、ノイズを聞こえにくくする機能のことです。

これにより、騒がしい場所にいる時も、小さな音量で十分音楽を楽しむことができます。
ヘッドホンの付加機能として代表的なものなので、できれば付いているものを選ぶのがおすすめです。

ヘッドホンアンプと組み合わせて音質アップ

ヘッドホンアンプと組み合わせて音質アップ

出典:Amazon

ヘッドホンアンプとは、ヘッドホンで聞けるように音楽信号を増幅させたり、ゲインなど音質の調節を行う機械です。

せっかく購入した中華ヘッドホンが好みの音質でなかった時や、さらに音質を追求したい場合には、ヘッドホンアンプで調節できます。
ヘッドホンアンプも、中華メーカーからコスパがいいものが販売されているので、合わせて導入を検討してみてください。

中華ヘッドホンのおすすめメーカー

中華ヘッドホンのおすすめメーカーを解説します。

  • OneOdio
  • iSK
  • Superlux

OneOdio

OneOdio
出典:ja.oneodio.com

OneOdioは、中国の深セン市に本部を置くメーカーです。

価格帯は3,000〜5,000円ほどで、中でも「Fusion A7」はAmazonで2,000件以上のレビューを得ているなど高い人気を誇っています。
また、その大多数が高評価レビューなので、口コミで信頼できる中華ヘッドホンを購入したい方におすすめです。

iSK

iSK

iSKは、8,000円〜の価格帯のヘッドホンを扱う、中華メーカーとしてはやや高級志向の会社です。

ヘッドホンの他には、マイク・リフレクションフィルター・スピーカーパッドといった、プロやオーディオファンを意識した商品を扱っています。
特に「HD9999」は絶賛レビュー多数の人気商品で、音質重視で中華ヘッドホンを選びたい方におすすめです。

Superlux

Superlux

Superluxは、3,000円〜の価格帯で、オーディオファンも満足する高音質なヘッドホンを扱っています。

商品数が多く、価格帯も幅広いので、多彩なラインナップから自分好みのヘッドホンを選べるのが魅力。
カスタマイズ用のイヤーパッドも販売しているので、中華ヘッドホンを自分でカスタマイズしたい方におすすめです。

中華ヘッドホンのおすすめ10選

OneOdio FuSion A

OneOdio FuSion A
出典:Amazon

価格:5,083円

  • 2穴接続で2音声同時再生可能
  • 有線/無線切り替え可能
  • 50時間連続再生

OneOdio FuSion Aは、2穴接続が可能なことが最大の特徴。

ケーブルを2本接続して、それぞれ別の音源を同時に聴くことができるので、エレキギター等の練習に最適です。
また、有線/無線切り替えができ、無線の場合は50時間連続再生が可能など、性能面も充実しています。

音質は、「まずまず良い」「ドンシャリ系」というレビューが多く、概ね高評価。
日本・海外から2,000以上のレビューを集め、総合評価★4.3の、大人気の中華ヘッドホンです。

OneOdio FuSion Aの詳細情報

接続有線/無線
タイプ密閉型
機能2穴接続可能
ノイズキャンセリング
付属品Micro USB充電ケーブル・キャリーポーチ・
日本語取扱使用書・3.5mmステレオミニプラグ 1.2M
6.35mm標準/3.5mmミニ カールコード 2〜3M
重量200g
レビュー★4.3

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

iSK HD9999

iSK HD9999

出典:Amazon
価格:8,127円

  • リケーブル可能
  • 充実した付属品
  • AKGのヘッドホンに似ているという声あり

iSK HD9999は、「AKGのK271に似ている」という声が多い中華ヘッドホン。

ケーブルやイヤーパッドといった付属品が多く、またリケーブルも可能なので、自分の好みに合わせてカスタマイズできることがポイントです。

音質は、「こもっている」「高音がキンキンする」といった声もありますが、エージングやリケーブル等で調整可能で、それを含めて楽しんでいる人が多い印象です。
全体の評価は5.0中4.0で、賛否は分かれていますが全体的には「コスパがいい」という声が多く、評価の高い人気商品となっています。

iSK HD9999の詳細情報

接続有線
タイプ密閉型
機能リケーブル対応
ノイズキャンセリング
付属品ケース・ケース用ストラップ・イヤーパッド
ヘッドホンケーブル×2本(3.0mストレート、1.5mカール)
変換プラグ(3.5mm→6.3mm ねじ込式)
重量998g
レビュー★4.0

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Superlux HD668B

Superlux HD668B

出典:Amazon
価格:4,886円

  • 5,000円を切る価格
  • レビューで音質が高評価
  • コスパが良い

Superlux HD668Bは、レビュー評価が非常に高い中華ヘッドホンです。

4,000円台の手頃な価格ですが、レビューでは「数万円はするヘッドホンの音」「今まで聴いたことのない奥深い音質」と絶賛されています。

また、日本のみならずrtings.comという英語のレビューサイトでも好成績で、世界的に評価されている一品です。
ノイズキャンセリングなど特別な付加機能はありませんが、とにかく音質とコスパを重視して中華ヘッドホンを選びたい方におすすめです。

Superlux HD668Bの詳細情報

接続有線
タイプ密閉型
機能特になし
ノイズキャンセリング
付属品ゴールドメッキ変換プラグ(3.5mm→6.3mm)
ヘッドホンケーブル(1m、3m)
ケーブル抜け止めクリップ・キャリングポーチ
重量567g
レビュー★4.3

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

TAKSTAR PRO82

TAKSTAR PRO82

出典:Amazon
価格:7,329円

  • PAR振動ダイアフラム採用
  • 3段階の低音調整機能付き
  • スタイリッシュなデザイン

TAKSTAR PRO82は、ドライブバーユニットとしてPAR振動ダイアフラムを採用

高音域の分離を高め、より繊細な高音域の表現を叶えました。
また、低音域は3段階に調整可能で、自分の好みや曲のジャンルに合わせてモード切り替えができます。

スタイリッシュなデザインも人気のポイントで、金属製のしっかりした作りと精巧なディテール、付属のメタリックケースもレビューで高評価となっています。
見た目にもこだわって中華ヘッドホンを選びたい方におすすめです。

TAKSTAR PRO82の詳細情報

接続有線
タイプ密閉型
機能低音調整機能
ノイズキャンセリング
付属品82プロフェッショナルリファレンスモニター
コットンバッグ・1.6mケーブル・ゴールドボックス
取扱説明書
重量249g
レビュー★3.9

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

COWIN SE7

COWIN SE7

出典:Amazon
価格:8,980円

  • APT-Xコーデック対応
  • ノイズキャンセリング機能付き
  • クイック充電対応

COWIN SE7は、機能面がとても優れている中華ヘッドホン

APT-Xコーデック対応でハイレゾ相当の音質を楽しむことができ、さらにノイズキャンセリング機能付き。
フル充電なら連続30時間の再生が可能で、10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電にも対応しています。
さらに、付属品として航空機用のBluetoothアダプタが付いているので、別途送信機を購入する必要もありません。

音質については「並程度」というレビューもあり特別良くはないようですが、機能性の高い中華ヘッドホンをお探しの方におすすめです。

COWIN SE7の詳細情報

接続無線
タイプ密閉型
機能APT-Xコーデック対応
ノイズキャンセリング
付属品ケース・ケーブル・航空機用アダプタ
重量272g
レビュー★4.2

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

VANKYO CY750

VANKYO CY750

出典:Amazon
価格:7,999円

  • ノイズキャンセリング機能付き
  • 重低音重視の音質
  • 2台同時接続が可能

VANKYO CY750は、ドンシャリ系の音質と機能性の高さが人気の中華ヘッドホン。

音質に関しては、「典型的なドンシャリ」「重低音がどっしりしている」と、低音重視の音質が好みの方から高評価です。
ノイズキャンセリング機能に関しても、「しっかり音を消してくれる」とこちらも好評です。

さらに、Bluetoothで2台同時接続可能、最大30時間の連続再生が可能と機能面も優れていて、低評価レビューがほとんどありません。
レビュー評価の高さで中華ヘッドホンを選びたい方におすすめです。

VANKYO CY750の詳細情報

接続無線
タイプ密閉型
機能2デバイス同時接続
ノイズキャンセリング
付属品マイクロUSB充電ケーブル・3.5mmオーディオケーブル
キャリーケース・日本語説明書
重量531g
レビュー★4.4

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Mpow MPBH059AB

Mpow MPBH059AB

出典:Amazon
価格:3,599円

  • 有線/無線切り替え可能
  • 軽量・コンパクト
  • カラーバリエーションが豊富

Mpow MPBH059ABは、軽量コンパクトな設計で、小さく折りたためるのがポイント
本体は159gなので長時間つけていても負担が少なく、折りたたむと付属の小さなポーチに収まります。

また、有線/無線切り替えが可能で、無線では最大20時間の連続再生が可能。
カラーバリエーションが8色から選べて、見た目にも楽しいのもポイントです。

音質については「かなり悪い」という声から「十分満足」という声まで賛否両論ですが、コンパクトな中華ヘッドホンが欲しい方におすすめです。

Mpow MPBH059ABの詳細情報

接続有線/無線
タイプ密閉型
機能有線/無線切り替え可能
ノイズキャンセリング
付属品3.5mmオーディオケーブル
USB充電ケーブル・収納袋・説明書
重量159g
レビュー★4.0

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

dyplay UrbanTraveller2.0

dyplay UrbanTraveller2.0

出典:Amazon
価格:10,799円

  • ノイズキャンセリング機能が高評価
  • aptx-LL対応で低遅延
  • おしゃれなデザイン

dyplay UrbanTraveller2.0は、ノイズキャンセリングの性能が高評価な中華ヘッドホン。
「完全にノイズを消してくれる」というレビューもあり、電車や飛行機内で使うために購入する人が多いようです。

また、aptx-LL対応で低遅延なので、映画鑑賞やゲーミングにも最適。

音質については、「値段なりだが悪くはない」というレビューがほとんどです。
マットグレーのおしゃれなデザインも評判が良く、見た目重視で選んだという声も目立ちました。

ノイズキャンセリング機能と、見た目を軸に中華ヘッドホンを選ぶ方におすすめです。

dyplay UrbanTraveller2.0の詳細情報

接続有線/無線
タイプ密閉型
機能aptx-LL対応
ノイズキャンセリング
付属品3.5mmオーディオケーブル・USB充電ケーブル
持ち運び袋・クイックユーザーガイド
重量762g
レビュー★4.1

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

Edifier W830BT

Edifier W830BT

出典:Amazon
価格:7,780円

  • 95時間の連続再生が可能
  • 有線/無線切り替え可能
  • ノイズキャンセリング機能付き

Edifier W830BTは、長時間バッテリーが魅力の中華ヘッドホン

フル充電なら、95時間の連続再生、1,500時間のスタンバイが可能。一般的な使用方法なら、充電は1週間に1回以下で済みます。

その他にも、有線/無線切り替え、ノイズキャンセリング機能といった性能面も充実。
一部、初期不良があったという声や、サポートの対応が良くなかったというマイナス意見もありますが、その他は概ね高評価の人気商品です。

Edifier W830BTの詳細情報

接続有線/無線
タイプ密閉型
機能95時間連続再生
ノイズキャンセリング
付属品不明
重量925g
レビュー★4.3

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

1MORE H1707

1MORE H1707

出典:Amazon
価格:17,116円

  • トリプルドライバー採用
  • オーディオビジュアルアワード受賞
  • 海外レビュワーから高評価

1MORE H1707は、トリプルドライバーと航空宇宙用金属複合ダイヤフラムを採用し、音の解像度にこだわった商品
さらに、チューニングはグラミー賞受賞経験のあるLuca Bignardi氏の監修を受け、ダイナミックで力強いサウンドを実現しています。

ブラックとゴールドの特徴的な見た目は2017年のオーディオビジュアルアワード受賞を受賞していて、見た目重視の方にもおすすめ。

日本からのレビューはまだありませんが、海外レビュワーからは平均★4.7の高評価を集めている大人気の中華ヘッドホンです。

1MORE H1707の詳細情報

接続有線
タイプ密閉型
機能特になし
ノイズキャンセリング
付属品3.5mmターン6.3mmオーディオアダプター(金メッキ)
無酸素銅イヤホンケーブル(取り外し可能)
ポータブルヘッドセットバッグ・取り扱い説明書
重量227g
レビュー★4.7

Amazonで詳細を見る >
楽天市場で詳細を見る >

中華ヘッドホンの比較一覧表

No12345678910
商品画像OneOdio FuSion AiSK HD9999Superlux HD668B TAKSTAR PRO82COWIN SE7VANKYO CY750Mpow MPBH059ABdyplay UrbanTraveller2.0Edifier W830BT1MORE H1707
商品名OneOdio FuSion AiSK HD9999Superlux HD668BTAKSTAR PRO82COWIN SE7VANKYO CY750Mpow MPBH059ABdyplay UrbanTraveller2.0Edifier W830BT1MORE H1707
メーカーOneOdioiSKSuperluxTAKSTARCOWINVANKYOMpowdyplayEdifier1MORE
特徴2穴接続可能
有線/無線切り替え
リケーブル可能
付属品が充実
コスパがいい
音質が高評価
音質調整可能
デザインが良い
APT-X対応
クイック充電対応

2デバイス同時接続
低音重視の音質
軽量・コンパクト
カラーが豊富
aptx-LL対応
ノイズキャンセリングが高評価
長時間バッテリー
有線/無線切り替え可能
プロによるチューニング
ビジュアルアワード受賞
接続有線/無線有線有線有線無線無線有線/無線有線/無線有線/無線有線
タイプ密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型密閉型
機能2穴接続リケーブル可能特になし低音調整機能APT-X対応2台同時接続有線/無線切り替え可能aptx-LL対応95時間連続再生特になし
ノイズキャンセリング
付属品USB充電ケーブル
キャリーポーチ
日本語取扱使用書
ステレオミニプラグ
カールコード
ケース
ケース用ストラップ
イヤーパッド
ヘッドホンケーブル
変換プラグ
ゴールドメッキ変換プラグ
ヘッドホンケーブル
ケーブル抜け止めクリップ
キャリングポーチ
リファレンスモニター
コットンバッグ
ケーブル
ゴールドボックス
取扱説明書
ケース
ケーブル
航空機用アダプタ
マイクロUSB充電ケーブル
オーディオケーブル
キャリーケース
日本語説明書
オーディオケーブル
USB充電ケーブル
収納袋
説明書
オーディオケーブル
充電ケーブル
持ち運び袋
クイックユーザーガイド
不明アダプター(金メッキ)
無酸素銅イヤホンケーブル
ポータブルヘッドセットバッグ
取り扱い説明書
重量200g998g567g249g272g531g159g762g925g227g
レビュー★4.3★4.0★4.3★3.9★4.2★4.4★4.0★4.1★4.3★4.7
商品リンクAmazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天市場で詳細を見る

まとめ

中華ヘッドホンは、価格帯も商品のクオリティも様々。
粗悪な商品が無いとも限らないので、購入する前にしっかりレビューをチェックしましょう。

今回ご紹介した10個のおすすめ中華ヘッドホンの中から、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です